人気ブログランキング |

もしかして波動原理?

申し訳ありません、きょうは絵はありません。しかしちょっと記事を書きたくなりました。

もしかして波動原理?_e0416586_03235364.jpg

これ、私が上京した時に、あまりにも家財道具がないので、近所の、ご自由にお持ちくださいから貰ってきた家具です。汚れているので全体はお見せ出来ません。

ここで言いたいのは家具ではなくて、写っている木漏れ日です。三重くらいに見えています。あれ、なんと言うのでしたっけ、波動原理とかでしたか、光は粒子であり波であるとかのやつです。株価の波動原理じゃないです。





そっちの知識が多少ある人ならよくご存知でしょうが、こういうのをみると、ダブルスリットの実験を思い出します。干渉縞で光が幾つもズラズラっと投影されるあれです。

これは単なる木漏れ日なのでそれと同じではありませんが、光の不思議、つまり、ものが見えていることの不思議を思わずに居られません。
私が絵を描いている理由のひとつもその辺にありまして、なので世間様の絵をお描きになられている人たちとは随分スタンスが違っていると思います。

夜中に飲んだくれて帰宅する時に、トボトボと夜道を歩いていると、幾つかの照明に照らされた物の影が何重にも出来ているのを見て面白く感じることがあります。あれはひとつの物体を複数の光源で照らすので落ちる影は複数できるのですが、しかしこっちはちょっと違います。光源は太陽ひとつなのに、投影される影(光なのですが便宜上影と言います)が何重にも重なるのはどういうことでしょうか。

浮世は本当に不思議です。万物は素粒子で出来ていて、それは粒でもあり波でもある。光だけでなく、大きな分子であっても同様の性格を持つそうです。
そんなもので私達は出来ている。そして実は、自分そのものも、少し前と今とでは同じもので出来ている保証はないと言うことらしいです。そうやってできているものが物事をあれこれと考え、あろうことか、物好きにも絵を描いている。
そもそも素粒子の集まりがどうして物事を考えることができるのでしょう。

いったい在るのか無いのかわからない世界で、私達は何をやっているのでしょうか。書いている私にもよく分かりません。

タグ:
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yumemitama | 2020-11-24 04:25 | 徒然に思う | Comments(0)